子どもの可能性を伸ばす子育て法~柴田英俊.com

子どもの輝く未来へ

*

子供の継続力を高める前に!

   

何事も「継続力」は大切ですよね!

継続力って大切です。

継続力って大切です。


でも、むやみやたらと「続けなさい」と言っても
無理が生じてしまうことって私達大人にもよくあることだと思います。

なぜ??
”継続できる子”と”そうでない子”がいるのでしょうか?
その影に 以下の配慮が見え隠れしているようです。

まず、一旦 短めなゴールを話し合う。

これってとても重要です。
習い事でもなんでもまずは、短めのゴールを決めてからスタートすると続けやすくなります。

そして、人によって継続には、3つの好むスタイルがあると言われます。

1:「続ける系」
2:「ためる系」
3:「マスター系」

お子さんは、どのツボだとモチベーションが高まりますか? 

ここって結構重要ですよね!(^^)!

お子さんの継続力は何系

お子さんの継続力は何系

さて、お子さんは、何系でしょうか?

1:「続ける系」ですか? 続ける系のお子さんは、続けた結果を評価されると喜ぶタイプ。
2:「ためる系」のお子さんは、続けると何かが貯まっていく形だと断然燃えるタイプですよ。きっと。
3:「マスター系」のお子さんは、何かを習得することに喜びを感じるタイプでは!

例えば、日記としましょう。

日記を書くのも習慣が大切です。

日記を書くのも習慣が大切です。

お子さんが「今日から日記を書くぞ~」っと宣言した場合、お子さんにどんな技を使いましょうか。

こんなのどうでしょう??

○「続ける系」のお子さんの場合、書いたページの右上をはさみで三角に切っていくのはどうでしょう!?切込みが続くことを楽しみに書き続けてくれるでしょう。
○「ためる系」のお子さんの場合、ページ数が少ない日記帳を選び、書き終ると貯めていくとかはどうでしょう!?日記帳が貯まっていく感じは止められません。
○「マスター系」の場合は、日記を書くことよって字が綺麗になるね。とか、漢字をいくつ使えるようになったか時々見せて。など、その結果を褒めていけばきっと続いていくでしょう。

「続ける目的」や「やり方」はみんな違ってよいと思います(^^♪

お子さんにあった「継続」へのアプローチ。 
試してみると笑っちゃうかも♪

まあ、私のように 1年で1回お正月にしか書かない日記ですが、10年続いていれば嬉しいものです(*^^)

途中で、忘れていても思い出せば再スタートすればいい。

結果、「続いているもんね~」となっちゃいます。

褒めて伸ばしましょう。

褒めて伸ばしましょう。


・・・・ということで、お子さんにも
「やらなかった日」の事よりも、「やった日」の事を大いに褒めましょう。

ワクワク子育てメール便 「家庭で出来る!成功する家庭習慣の作り方」ご登録は↓↓↓
https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=173408

 - 子育て, 家庭教育 , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

  関連記事

子どもの嘘の見分け方

子どもは成長すればするほど周りの影響を受けやすくなります。 その中で、嘘も成長の …

no image
男の子をどう育てるか?

こんちわっす。 今日はみなさん寝不足ですか? 今朝のワールドカップ 日本チーム凄 …

君~。そのインスタント食品が、背を低くしているんですよ!

西日本新聞のある部分に、僕の夢・私の夢というコーナーがあります。 私が大好きなコ …

no image
日曜日のまとめ寝は、学力低下につながるらしい!

“まとめ寝”が多い学生 「一般的に学力が低い」と睡眠専門家 Yahoo! Jap …

お年玉の賢い利用法

今年もお年玉の使い方について、話題が高まってきました。 自分の子どもの使い方が「 …

no image
第1回目の家庭教育井戸端勉強会終了

今日は、AM10:00より 家庭教育井戸端勉強会を開催しました。 受講者は 少し …

no image
夏休みの映画鑑賞にも注意が必要!

<3D映像>6歳以下は控えて 子どもの目への影響は? 立体視未発達、斜視の素因あ …

no image
骨粗しょう症、若年化の恐れ 9歳女子の骨密度20年で1割低下

熊本にお住まいのお客様から新聞に載っていたとお知らせいただきました。 いつもマゼ …

no image
おばあちゃん、孫が「飲みたい」と言ってもほどほどに!

甘い炭酸飲料を飲み過ぎているティーンたちは暴力的でキレやすい! アメリカの調査に …

不審者を見分ける!

入学式が近づき期待と不安が交差しているのは小学生だけではないですよね。 最近は、 …