子どもの可能性を伸ばす子育て法~柴田英俊.com

子どもの輝く未来へ

*

日曜日のまとめ寝は、学力低下につながるらしい!

      2014/09/24

“まとめ寝”が多い学生 「一般的に学力が低い」と睡眠専門家
Yahoo! Japan: NEWS ポストセブン 6月3日(日)7時5分配信
「特に女性の睡眠はかなり不足しており、日本の40代女性の睡眠時間は、世界で最短という調査結果もあります」
この驚きの現状を話すのは、日本睡眠改善協議会常務理事で、日本睡眠学会理事の白川修一郎さんだ。
人間の適正睡眠時間は7時間といわれているが、日本人女性の半数近くが
6時間以下の睡眠で過ごしているといわれ、とりわけ40代の睡眠不足は顕著だという。
中高生の子供を持つ世代のため、子供や夫の弁当・朝食作りで早起きをし、夜は遅くまで夫の帰宅を待つ。
家計を支えるためにパートに出て、両親の介護問題を抱えるとなればさらに忙しく、睡眠時間は削られる。
また更年期障害を抱える女性の50%以上もの人が不眠を訴えているというデータもある。
「健康を維持するのに必要な睡眠時間は6時間半~8時間とされ、脳をすっきりさせるという意味で必要なのは7~9時間といわれています。
長すぎてもよくなく、ダラダラ寝ると睡眠の質が悪くなります」(白川さん・以下同)
多くの人がやりがちな休日のまとめ寝も、夜眠れなくなるという悪循環に陥り、体のリズムを崩しやすくなるのでおすすめできない。
「学生を対象にした調査で、まとめ寝をすることの多い学生は一般的に学力が低いことがわかっています。
睡眠不足がうつ状態を引き起こすこともありますし、免疫力も落ちますから、病になりやすく死亡率も上がる。睡眠不足を含む睡眠障害の人は、認知症の発症リスクが5倍に、がんの発生リスクは1.8倍になります」
アメリカのがん学会が行った疫学的な睡眠調査でも、平均睡眠時間が7時間前後の人は最も死亡率が低く、それより長い、もしくは短くなると死亡率が高まる傾向が報告されている。
Yahoo! Japan: NEWS ポストセブン 6月3日(日)7時5分配信
“まとめ寝”が多い学生 「一般的に学力が低い」と睡眠専門家

 - 子育て

  関連記事

「家族のドリームマップ」をつくろう。

パパ、ママ それぞれ考えはあるけどお互い通じ合っているでしょうか? 意外と話す時 …

お子さんは、どんな生き方を身につけていますか?

=アメリカインディアンの教え= 子ども達はこうして生き方を学びます。 〇批判ばか …

子育て将来設計をしよう。

多久市和光保育園さんより依頼いただき、子育てビジョンマップ作りにチャレンジしても …

no image
2分間でできるメンタルを鍛えるための5つのステップ

スポーツに呼吸法などのコツがあるように、メンタルトレーニングにもいくつかのコツが …

no image
寒いけど、ゲームのやり過ぎにはチュウイです。

暴力的なビデオゲームで1週間に合計10時間遊んだだけで、 青年男性の大脳・前頭前 …

no image
乳幼児期に健康な食生活をした子どもは知能の発達が良い!

オーストラリア・アデレード大学のLisa Smithers博士らがEuropea …

子どもを上手に導ける母親の習慣とは

明星幼稚園での講演場面で登場しましたチェックリスト。 採点してみましょう。 ママ …

no image
子どもの信条をどう育てるのか?

おはようございます ムシムシ天気に、虫がでてきそうな今日ですね~   「そうそう …

no image
計算力、実験力、発想力を磨けば一流校への道が開ける

「計算力はすべての算数の足腰となるもの。小学校で習う計算がきちんと身についていれ …

no image
夏休みの映画鑑賞にも注意が必要!

<3D映像>6歳以下は控えて 子どもの目への影響は? 立体視未発達、斜視の素因あ …