子どもの可能性を伸ばす子育て法~柴田英俊.com

子どもの輝く未来へ

*

いじめ撲滅へのある考え方

      2014/09/22

海外ジャーナリストの書いた文章ですが、私の中には、 ある意味「当たっている」ところもあり書かせてもらいました。
皆さんは、どう思いますか?   以下(ジャーナリスト)
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

いじめが自殺につながる日本の「空気」
僕も親です。
いじめで子供たちが自殺するニュースを聞いて胸が詰まります。
虹色で彩られているはずの世界が真っ暗になり、誰にも頼れないと悟る少女。
幼い首に紐をかける彼女の顔は、まだ無邪気さが残っていたはずです。
こんな理不尽なことは許されていいはずがないと思います。
「無性に怒りを覚えました。」
僕の怒りは、言い逃れをする先生でも、いじめに参加したとされる子供たちに対してでもありません。
自殺してしまった子供に逃げ道を教えない、すべての大人たちに対してです。
この環境を変えない限り、悲劇はまだ続くと思うのです。
なぜ頑張らなくてはいけないのですか ??
岐阜の少女が残した遺書に、すべての大人に対して重要なメッセージが残っていました。
それは遺書の最後にあった「もう、何もかも、がんばる事に疲れました」の一言です。
彼女の遺書の言葉で、恐らく多くの大人たちは塗り潰されていた4人の同級生の名前に意識や興味が集まっているはずです。
しかし、その4人の子供や家族が置かれている現状を考えると、彼らも被害者だと思います。
皆さんはこの世の中からいじめを無くすことができると思いますか?
無くす努力は大事ですが、だからといって無くなるものではありません。
病院がいくら増えても病気が無くならないように、人類が古くから行ってきたいじめを根絶することは気の遠くなるようなことです。
子供のいじめは中国の学校にも、米国の学校にもあります。
しかし、中国や米国の子供がいじめに遭い、自ら幼い命を絶ったという例を僕は聞いたことはありません。
でも、日本では起きている。それは、なぜなのでしょうか。
亡くなった岐阜の少女の遺書が答えています。日本は過剰に「頑張ること」を強いるからです。
よく言われる日本の「ムラ社会の原理」は、子供の世界から既に始まっているのです。皆が一緒にあるために、自分に無理させてでも努力を強いるこの社会に、日本の子供たちは好きで入ったのではありません。
大人が招き入れているのです。
学校に行き、お友達と仲良くすることは至上命題であり、嫌な相手がいても、部活が自分に合わなくても、大人から「ともかく、頑張ってみなさい」と言葉をかけられる。
我慢させることの罪
「頑張る」は聞こえがいいのですが、僕にしてみれば要は「我慢する」ことです。
教育は本来その子の個性を見いだし、それに合った環境を提供し、本来の才覚を伸ばすことにあります。
だから孟子のお母さんは、3回も住居を引っ越して子供に合う環境を見つけ出したのです。
岐阜の少女が自殺した本当の理由を、他人の僕が知る由はありません。
親御さんは自分の子供を守るために必死に努力したと思います。
それが届かなかったのはなぜか。個別の理由は、一言では言い尽くせないものがあるはずです。
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
いかがでしたか?
子どもが小学生になった途端「子育てから卒業した」と話すお母さんたちがいます。
直接の手はかからなくなったかもしれませんが、精神的な子育て、社会順応に対しての子育てが始まるのではないでしょうか?
子どもがいくつになっても、子どものSOSがわかる親子関係でいましょう。

 - 子育て

  関連記事

no image
乳幼児期に健康な食生活をした子どもは知能の発達が良い!

オーストラリア・アデレード大学のLisa Smithers博士らがEuropea …

子どものご褒美効果を検証してみると!

アメリカでは、「教育を科学的な根拠であらわす」研究が進められています。 その中で …

no image
子どもには、運動の習慣を!!

低所得者ほど生活習慣に問題=野菜食べず、運動しない―初調査で判明・厚労省時事通信 …

no image
悪化すると肺炎…RSウイルス感染が急増

乳幼児を中心に感染する「RSウイルス」の感染者が急増しているそうですよ! 国立感 …

no image
神奈川県も大変そうですね!

****09年度調査 児童生徒の暴力最多**** 神奈川5年連続ワースト 201 …

「家族のドリームマップ」をつくろう。

パパ、ママ それぞれ考えはあるけどお互い通じ合っているでしょうか? 意外と話す時 …

no image
男の子をどう育てるか?

こんちわっす。 今日はみなさん寝不足ですか? 今朝のワールドカップ 日本チーム凄 …

no image
お年玉の賢い利用法。

今年もお年玉の使い方について、話題が高まってきました。 自分の子どもの使い方が「 …

子育て将来設計をしよう。

多久市和光保育園さんより依頼いただき、子育てビジョンマップ作りにチャレンジしても …

no image
子どもの夏休みの思い出

今日の朝刊に ”子どもの夏休みの思い出”についての記事が載っていた。 小学生の頃 …