子どもの可能性を伸ばす子育て法~柴田英俊.com

子どもの輝く未来へ

*

ヨーグルトを食べると糖尿病リスクが下がるが牛乳は・・・。

   

ヨーグルトやローファット(低脂肪)チーズを摂取すると、全く食べない場合と比較して糖尿病発症リスクが約4分の1低減するとの研究論文が5日、欧州糖尿病学会(EASD)の学会誌「ダイアビトロジア(Diabetologia)」に掲載されたそうだ。

チーズ300

英ケンブリッジ大学(University of Cambridge)のニタ・フォロウヒ(Nita Forouhi)氏率いる研究チームが発表した論文は、英ノーフォーク(Norfolk)州在住の男女3500人を11年間追った長期健康調査に基づくもので、調査期間中、753人が2型糖尿病を発症したが、ヨーグルトやフロマージュ・フレ(未熟性チーズ)、低脂肪のカッテージチーズなど低脂肪の発酵乳製品を食べていた人たちは、全く食べていない人たちと比べて糖尿病発症の確率が24%低かった。

 

低脂肪の発酵乳製品を種類別に調べたことろ、ヨーグルトのみでの糖尿病リスク低下率は28%だったことが分かった。このカテゴリに属する人たちはカップ入りヨーグルト(125グラム)を平均で週4.5個食べていた。さらに、おやつとしてポテトチップの代わりにヨーグルトを食べていた人では、実に47%もリスクが低減していた。

 

一方、発酵乳製品の中でリスク削減と関連していたのは低脂肪製品のみで、牛乳や高脂肪の発酵乳製品では糖尿病リスク削減の効果はみられなかったそうだ。

男性驚き

子育ては、長期戦。

パパママの健康も大切ですね。

 

最近は、牛乳よりも水溶性が高い賢いカルシウムもあるんです。
http://kokaken.jp/

 - ひとりごと , , , , ,

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


  関連記事

子どもの身体は、大人につながっている。

3学期に入り今年度も残りわずかとなってきました。 平成28年度も多くの子どもの成 …

雨の日の入学式

10年前より取り組んでまいりました「幼児の足計測」の研究を深めたく、2月に九州大 …

no image
健康食品サイト、うそ広告で指導 320業者の547商品

健康食品サイト、うそ広告で指導 320業者の547商品Goo ニュース:共同通信 …

祝!合格

ありがとうございます。 「子どもの足」の研究が九州大学大学院後期課程に「合格」し …

子どもの育ち指標

社会評価には様々な指標が使われています。 生活指標や経済指標なんかはいつもニュー …

no image
夏休み最後の土日は、沖縄でした。

今年の夏休みも終わりに近づき 2学期の準備に忙しくなってきました。 子どもたちは …